ALSと生きる 11

スポンサーリンク

5月26日(月)

採血2本……

今日 頭痛薬がきかなんだ

1時間半ぐらいしてなんぼか楽になって来て

娘 3時前向えに行く

担当医が4時頃から話があるので帰りがおそくなる

ビ熱があるので手術を1週間先にするとの事?

2人が帰ったあと弟が来てくれ配膳までいた

食後の薬に塩みたいな薬が付加された

しょっぱい事 塩化ナトリウムがどうのこうの

今日の話の後 娘の態度が変っていた

俺の思いすごしかどうか?

5月27日(火)

採血1本 

昼過ぎから急に体調が悪くなる

妻に背中をさすってもらう

さぞ疲れた事だろう

医者が何人も入れ替わり来る

38℃を越さないと解熱剤は出せないとの事

「自宅で熱が出れば苦しむ前に薬は飲むでしょう」と云った

そしたら頭痛薬も熱冷ましが入っているので頭痛薬をもらって飲む

苦しみ少し弱まる頃 娘が向えに来 弟も来てくれる

今晩はどうもなければ良いが…………………………

 
ALS(筋萎縮性側索硬化症)は難病に指定されています。
日本には約9000人の患者がいます。
未だに原因も治療法もまだ見つかっていません。
ALS患者の方と家族たちの希望を叶える基金があります。
「せりか基金」↓↓↓
毎年6月21日は、世界ALSデー

コメント