ALSと生きる9

スポンサーリンク

5月19日(月)

10時過ぎに点滴。「今日は出てなかった様だが身体がだるい。」

と言うと点滴するようになる。 胸のレントゲン1枚

担当医M、外来医N、A 3人で来て手術に対しての同意書を持ってきた。 手術は外科担当がするので1~2週はかかるだろうとの事。

2時頃に弟夫妻、M夫妻が見舞いに来た。

弟が川崎迄向かいに行った様だ。

朝はCさんがK大迄送ってきた様だ。すぐ帰る。

息子、4時過ぎ向かいに来る。明日は外科に行くらしい。娘、休み。

5月20日(火)

朝もらして上下着替える。

今日は点滴2本との事。

身体をふいてもらう。

9時20分ソリターT3号とラクテック 注

外科の先生と看護師2名来て

「(手術は)来週と思う。火曜か金曜日に話し合ってきめたい。」との事 今日は娘が用件があった様だ 1時30分頃帰院した。

4時ごろから胸が苦しくなる。

食事は無理して半分ぐらい食べた。

8時過ぎおちつく。

鑑定団を見て寝る。

5月21日(水)

9時過ぎより点滴 今日も2本 妻、和白より電車で来る。

1時過ぎS夫婦が見舞いに来た。

昨日今日と3時過ぎ頃より、身体の調子が良く無い。

なぜだろう、妻も大分疲れが出て来ている様だ。

今…日の病院通いだけ………

 
ALS(筋萎縮性側索硬化症)は難病に指定されています。
日本には約9000人の患者がいます。
未だに原因も治療法もまだ見つかっていません。
ALS患者の方と家族たちの希望を叶える基金があります。
「せりか基金」↓↓↓
毎年6月21日は、世界ALSデー

コメント