ALSと生きる 第2章-4

スポンサーリンク

8月7日

9:50病室に着いた

アンビー(?)が下に落ちていた

「何かありましたか」とナースに聞いてみた

「なんにもないですよ」との事

二人のナースが入ってきた いきなり主人の体位交換をする

なにか一言でもいい 言って体位交換すれば気持も良いのに

(気道)内圧メーターは20に近い 吸引してメーターを下げる

8月8日

今日も気道内圧メーター 18 12:50吸引

黄色の痰が上がって来 その後14に下がる

8月9日

朝 病室に入ると加湿器のホースがはずれていた

気道内圧18 吸引して14に下がる

8月11日

目の下のまぶたの色が赤みがなく心配なので先生とナースに聞く

「もう帰りましたよ」との事

8月12日

O先生が病室に来た

「16日か17日に退院と考えているでも家で介護は無理ですよ」と言われた

口の歯茎の色 白くなっている

8月13日

朝 病室に入り起こして背中をかいてやる

背中にハサミの痕がくっきりとついていた

さぞかし痛かっただろうに…

病人をもっと親身になって気をつけてやることが出来ないのかと腹がたった

一日でも早く連れて帰らなければと思う

8月14日

昼間は吸引しているのかと思う事が何度もあった

気道内圧が高い 吸引すると14に下がる

 
ALS(筋萎縮性側索硬化症)は難病に指定されています。
日本には約9000人の患者がいます。
未だに原因も治療法もまだ見つかっていません。
ALS患者の方と家族たちの希望を叶える基金があります。
「せりか基金」↓↓↓
毎年6月21日は、世界ALSデー


難病ランキング


コミュニケーション・会話ランキング

 

にほんブログ村 経営ブログ 会話・コミュニケーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 筋萎縮性側索硬化症へ
にほんブログ村

コメント