ALSと生きる5(仮)

スポンサーリンク

2月20日(木)

(点滴4日目)シーツ交換の為10時10分より

K湊さん退院。粗品頂く。近くの病院にかゝるのだろう。

3時30分点滴終る。總検診、今は助教授F谷先生。

検診前に(弟親子3人で見舞いに来る)

すぐ後(娘)1人で来る。4時過ぎ帰る。

5時頃(左肢より注射する)との事。

酸素の吸入を調べるとの事。

2月21日(金)

(点滴5日目)9時頃より点滴。2時前に終る。

隣のY原さん退院。小倉の方の病院にかゝると事

C葉さん別室より転室してくる。I上さん27日迄退院延期するとの事。

8時頃(左肢より注射する)3時前(妻、娘向えに来る)

21日(金)より23日(日)まで外泊。

7時30分頃帰院(妻、息子送る)

2月24日(月)

入院して28日目 4週間となる。

9時過ぎI上さんと入浴する。

10時20分「検査します。」と2人の医師が来る。

同棟の検査室にて(電気を流しての検査)11時30分頃終る。

 

>>>ALSって何?

2月25日(火)

採血の為め朝食待ちとなる。8時過ぎて(採血3本)

夕方、「明日、呼吸器科が入っている」と連絡ある。

2月26日(水)

11時15分頃、(呼吸器科より呼び出し)2Fに行く。

写真を見ながら「大丈夫と思うけれど、一ヶ所大きい

部分があるので前の写真と見比べみたい」との事。

W白病院より写真を借りてくる様にとの事

担当医診察途中(妻、娘来る)

写真の件を先生に話し、手紙を書いてもらう。

外泊願を提出する。

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は難病に指定されています。
日本には約9000人の患者がいます。
未だに原因も治療法もまだ見つかっていません。
ALS患者の方と家族たちの希望を叶える基金があります。
「せりか基金」↓↓↓
毎年6月21日は、世界ALSデー

 

 


病気・症状ランキング にほんブログ村 病気ブログ 筋萎縮性側索硬化症へ
にほんブログ村

コメント