ALSと生きる7(仮)

スポンサーリンク

 

3月3日(月)

入院して今日で35日目。5週間目。

夕べは9時30分過ぎ、隣に緊急入院がある。(M本さん)

10時頃担当医より「今週中に退院して良い」との事。

レントゲンは変りはなかったとの事

あとは、リハビリの件だけ。

TELする。妻は6日が大変だから、その日が良いと云った。

3月4日(火)

今朝より腰痛の薬の内(ロキソニン錠)を外す。

他の3種類は続けた方が良いとの事。

2時過ぎ(弟が来る)本を持って来てくれる。すぐ後(妻、娘来る)

担当医休みの為、K尻先生より話をする。3時30分過ぎ帰る。

入院費をあらかた知りたいので看護師に頼む。

手続きをしているので入院費は0。

書類の手数料を頂くとの事。

 

 

3月5日(水)

今朝はどうした事か食事途中に咳こみ、少し食べて中止する。

10時頃、身体を拭いて着替える。

11時30分頃(S我部夫妻、見舞いに来る)12時30分頃帰る。

3時頃より(難病医療専門員、I木さん)と20分ほど話をする。

これからの対策等(金)退院前に妻と話をしたいとの事

3月6日(木)

2時30分より總検診。

あとは外来の折、検査していきましょうとの事。

S生命診断書を受け取る。

「はやくよくなって蛙ようがんばってください」

と書き、蛙を看護師に手渡す。

食堂のテレビの上に置いてあった。

3月7日(金)

今日で39日目。退院の達となる。

(妻、娘 9時30分頃来る)行ったり来たりご苦労でした。

(難病専門員、I木さんと話する)Y川、K尻先生にお礼する。

W白病院、M上リハビリ担当医に手紙を書いてもらう。

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は難病に指定されています。
日本には約9000人の患者がいます。
未だに原因も治療法もまだ見つかっていません。
ALS患者の方と家族たちの希望を叶える基金があります。
「せりか基金」↓↓↓
毎年6月21日は、世界ALSデー


闘病記ランキング にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 

コメント