ALS と生きる1(仮)

スポンサーリンク

ALSという病気をご存知ですか?

治療法の見つかっていないこの病気と闘うことなく、

寄り添うことを選んで生きた証をお伝えします。

 

H15年 K大神経内科入院

担当医 Y川 担当師 M

1月28日(火)

 東棟 405号室 (娘に迷惑を掛ける)

昼食頃(妻・娘)帰る  入院者1人であるY原さん

1時頃より1Fに行き、レントゲン(首6枚)(腰4枚)(胸2枚)

(腹1枚)計13枚撮る

3時30分頃より入院時書いた事を

(Y川先生)初めから

会話に入り診察に入る 5時過ぎまでかゝる

7時30分頃 医師2人が来て色々と体を調べる

今からの検査どんな検査をするのだろう

1月29日(水)

採血のため朝食待ち(採血9本)1回でと思う

(薬剤師 U田来る)10時過ぎ検査へ(心電図)(肺活量)(胸波)

約1時間車椅子で移動した

向かい側にI上さん入院

K大は人情味が無いと聞いていたが行くとこ々親切である

 

>>ALSって何?

 

1月30日(木)

昨夜は特に口の中がカラカラになり

夜中何回も水をふくむ

今朝はパン食2ヶの内1ヶを食べる 

10時過ぎ風呂のに入る

着替え後(病衣中止を申し出る)

3時頃より總検診である

(K大教授K良)10名以上が見守っている 

明日より検査との事

1月31日(金)

10時過ぎより(筋電図)(筋圧測定)11時50分頃迄

奥さんと子供さんと一緒に今後の事に付いて話したいとの事

(妻、S来る)6時過ぎ今から検査をすると1F一番奥の南棟

MR室にて(頭)(胸)(腰)車椅子移動をする

食事は8時過ぎていた

 

 

 支払  4日分 検査料 45.590-

          食事  3.120-

         その他  140-

         計   48.850-

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は難病に指定されています。
日本には約9000人の患者がいます。
未だに原因も治療法もまだ見つかっていません。
ALS患者の方と家族たちの希望を叶える基金があります。
「せりか基金」↓↓↓
毎年6月21日は、世界ALSデー


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント